ダイエットと漢方薬

ダイエットと漢方薬について。漢方薬でダイエットすることは可能でしょうか。美肌や肥満の状態から皮下脂肪を減らして痩せる体型の維持にもよいといわれている漢方薬を体型別、肥満やストレス太りなどのタイプ別に分類しました

漢方薬はダイエットに効く?

漢方薬を風邪などの病気だけでなく、冷え性や便秘、生理痛、高血圧といった気になる体質や、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギーの治療に使っている人も多いと思います。

また、穏やかに体質を改善してくれることから、乾燥肌やにきび肌などの美肌のためやダイエットのために使う人も増えているんですよ。こではダイエットに使われる漢方薬を見ていきましょう。

タイプ別のダイエット漢方薬

CMなどで誰でも聞いたことがあるのが「コッポアポ」。「コッポアポA」(またはコッポアポS)は防風通聖散という漢方薬です。「ナイシトール」も同じく防風通聖散の処方となります。パッケージには「便秘と皮下脂肪が気になる方に」と書いてあるとおり、お腹のお肉や皮下脂肪が気になる、いわゆる「ビール腹」の方によいかと思います。

同じ「コッポアポ」でも「コッポアポL」の方は防已黄耆湯という処方になっていて、「A」が脂肪太りの人に合う薬だったのに対し、 この「L」の方はむくみが気になる「水ぶとり」の人に人気の薬。色が白く、汗をかきやすい人に合います。

また、筋肉質でがっしりしたタイプの人には「大柴胡湯」が処方されます。内臓の炎症にもよいといわれていますので、胃炎や便秘などに処方されることもあります。

その他にもストレスで太ってしまった人には気のめぐりをよくする「加味逍遥散」。血液の循環が悪い、あるいは、ホルモンのバランスが乱れている人(特に更年期障害の女性など)には「桂枝茯苓丸」など、いろいろなタイプの人に合うさまざまな処方があります。

漢方薬はダイエットの補助に

このようにダイエットに有効な漢方薬はいろいろとあるようですが、「本当に痩せるの?」と疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。漢方薬によるダイエットの場合、「肥満の度合いが高い人」ほど効果があるでしょう。また、高血圧や糖尿病などで体重を落とす必要があるときも漢方薬の使用は大変有効です。

逆に、標準体重の範囲内におさまっているのにも関わらず、まだ体重を落としたい人。こういう場合は運動や食事療法とあわせて取り組まないと効果は出にくいでしょう。