漢方薬の飲み合わせ

漢方薬と病院で処方された薬、または以前の飲み残した漢方薬、市販されている薬との飲み合わせには注意が必要です。
ここでは飲み合わせた場合にどのような症状が起こるのか、例とともに紹介します

漢方薬は飲み合わせても平気?

漢方薬は自然の生薬を利用して作られているためか、その飲み合わせについてあまり気にしない方が多いようです。病院で医師に処方されたものや、漢方薬局で処方されたものよりも、特に薬局で買うことができる市販の漢方薬(ツムラやクラシエのものなど)となるとその傾向が強いようですね。本当に飲み合わせを気にせずに飲んで大丈夫なのでしょうか。

漢方薬の処方は複数の生薬を組み合わせ、同時に働かせることでその効果を発揮します。何種類かの処方を一緒に飲んだとしましょう。一つの処方だとそのまま効果があらわれるものが、複数の処方の多くの生薬が一緒になることで、効果が強く出すぎてしまったり、逆に効果を打ち消しあってしまったりと、困った作用をすることがあるんです。

ですから、「漢方同士だから別に大丈夫だろう」と自分で判断せず、知識のある専門家に相談するようにしましょう。また、以前の飲み残しの薬についても同じです。

漢方薬と新薬の飲み合わせ

また、新薬(西洋薬)との飲み合わせももちろん注意すべきです。薬を処方される時に「今飲んでいるお薬はありますか?」と尋ねられると思いますが、そのときには必ず漢方のお薬も含めるようにしましょう。中には併用することで効果がなくなったり、副作用を引き起こす飲み合わせが存在します。

例えば、身近な例で、風邪を引いてしまい、漢方の風邪薬を飲んでいる間に生理痛がひどくなってしまい、鎮痛剤を飲みたいという場合。風邪薬が葛根湯のようなものなら心配ありませんが、解熱作用のある成分が入っていれば、強く作用し過ぎてしまう可能性があります。

他の例もご紹介しましょう。高血圧の治療で利尿剤が処方されている人が、「甘草(カンゾウ)」という生薬が含まれている漢方薬を飲むと、血液中の成分バランスが崩れたり、筋肉に異常をきたしたりすることがあります。利尿剤にも種類がありますので必ず飲み合わせが悪いとは言えませんが、甘草もよく漢方薬に含まれている生薬ですので注意が必要です。

漢方薬の副作用

漢方薬の副作用について。便秘や冷え性、風邪などに効果的な漢方薬は生薬ですが、副作用が発症することがあります。
体調や胃腸の調子や飲むタイミングには十分気をつけましょう

漢方は生薬

漢方薬は便秘や冷え性、風邪やにきびなどのよくある症状をはじめ、あらゆる病気の改善に広く使われていますね。西洋医学で処方される薬には化学的に合成された成分が含まれることが多く、全体的に即効性が高いので、飲みすぎたり飲み方を誤ったとき、そして体質に合わなかった時など副作用を引き起こすこともあります。

その点、漢方薬は西洋の薬とはずいぶん違っていますね。まず、化学的に作られた成分を使わず、植物のあらゆる部位(花・葉・根など)から作った生薬を組み合わせて作られること。西洋のお薬のように効果が限定されず、いろいろな場所や症状に作用すること。

即効性はないものの、穏やかに作用し、慢性的な病気・病気を引き起こす体質の改善に非常に効果があります。歴史は古く、はるか二千年昔から行われているといわれていますので、より優れたものが残り、発展しているでしょう。

漢方薬にも副作用は起こる

このように漢方薬はその成り立ちからみても副作用の出にくい薬であるといえるでしょう。ただ、だからといって全くないとは言えず、少なからず副作用の出ることもあります。

漢方薬は知識を持った専門家が個々の症状や体質によって、その人に合う薬を処方してこそ最大限の効果が得られるもの。その診断が不十分であったり、素人判断で自分の症状に合わない薬を飲んだり、間違った飲み方をすると、副作用を引き起こすことも十分考えられます。

漢方薬でむくみが

漢方薬で副作用が起こる場合、比較的多いのが飲むタイミングを間違えてしまう場合。漢方のお薬は食前や食間に飲むことが多いと思いますが、胃が空っぽのときに飲むと胃腸に負担を与えてしまいますので、胃腸虚弱の人は食後に飲むよう指導されることも。飲む時間を間違えると効果が出ないばかりか、胃痛や下痢などの原因となりますので、指示されたタイミングを守るようにしましょう。

また、体がむくんでしまうこともあるようです。これは漢方薬によく含まれる甘草(かんぞう)が原因かもしれません。摂取しすぎると体がむくみますので、適量を守るよう気をつけましょう。

漢方薬の使用期限

漢方薬の使用期限について。病院で処方されたもの、または市販のものの違いはあっても、使用期限をすぎてからの服用は
副作用が起こる可能性があるので注意。病気が再発した場合には、必ず病院で新しいものを処方してもらいましょう

薬の使用期限

誰でも「病院で処方してもらって購入したけど、飲み残したまま日が経ってしまった」というお薬がいくつかあるものではないでしょうか。飲み終わらないうちに症状がよくなったり、飲み忘れてしまったりで、放置して使用期限が過ぎてしまったものが多いと思います。

かなり経ってから過去に処方されたときと同じ症状が出るなどして「以前処方された薬を飲みたいけれど、大丈夫かな?」と思った経験があるのでは?

漢方薬にも使用期限がある?

西洋薬の場合にも使用期限があるように、漢方薬の場合にも同じくあります。一般的に漢方薬の使用期限はどのように考えればいいのでしょうか。まずは、病院で分包処方された薬。白い紙の包みに入っているようなものです。こちらは保存が効く包み方になっておらず、通常は「2週間分」と処方されたならその期間で飲むものと考えた方がいいでしょう。数ヶ月経てば湿気を吸ってしまいますし、品質が変わっていることが多いと思われます。

そうでなく、保存の効くシートに入っている(銀色の包みなど)場合や、薬局で購入する漢方薬は期限が5年と設定されていることが多いようです。薬局で購入する場合は、パッケージに使用期限が記載されていますので、手元に持っている漢方薬がある場合は一度確認してみましょう。

漢方薬も使用期限を守る

そして、漢方薬の場合、もう一つ気をつけておかなければいけないことがあります。病気の種類によって薬が処方される西洋薬と違い、漢方薬は個々の体質や体調、症状を詳しく調べて処方が決められます。体力があるかどうか、顔色はどうか、むくみがあるか、汗をかくかどうか、痩せているかどうかなどの体質。また、同じ風邪でも症状はさまざまですよね。

今の時点でのあなたの状態をいろいろな方法で診察し、処方された薬があなたに合ったお薬ということになりますので、たとえば、ずいぶん前に風邪を引いたときに処方された薬が、今同じように風邪を引いているあなたに必ずしも効果があるとはいえません。

数ヶ月ならまだしも、1年以上経っていれば体質も変わっているかもしれませんよね。漢方薬は体に優しい薬ではありますが、使用期限が過ぎているものを服用したり、間違った処方をすれば副作用がでることもあります。ですから、古くなった薬を自己判断で飲むのはできるだけ控えるようにしましょう。

漢方薬と医療費控除

漢方薬は医療費控除の対象になるでしょうか。一般的に医療費控除の対象になる診察費用、入院費や治療のための交通費は、対象となるようですが、漢方薬の場合には控除の対象になるものとならないものがあるようですので、その違いを説明します

医療費控除の対象は

その年の医療費が10万円を越えた場合は医療費控除が受けられますよね。病院でかかった診察費や入院費、治療を受けるための交通、治療のために必要な医薬品の代金、付添い人にかかる費用など、対象となる範囲は意外と広く、明確に定められていますので、必ず一度チェックしておくべきでしょう。

逆に、例えば健康のために飲んでいるサプリメントや健康診断の費用、美容整形の手術費用など、対象外となる物も定められています。

市販薬と医療費控除

そこで気になるのが薬局で購入する薬ではないでしょうか。私たちは「ちょっと風邪を引いた」「腰が痛い」「目が疲れた」など、それほど深刻でない病気になったときは病院に行かずに薬店で薬を購入することも多いですよね。

例えば、薬局で風邪薬を購入した場合は、医療費控除の対象になります。ここで何がポイントになるかというと、「治療や療養のために購入したこと」と「薬事法に定められている医薬品であること」の二つの点。これが医療費控除が認められるための必須事項となります。レシートでは認められないケースがあるようですので、薬剤師さんに領収書を発行してもらった方がいいでしょう。

漢方薬は医療費控除の対象になる?

漢方薬の場合はどうでしょうか。不妊など、あらゆる治療で漢方薬が大活躍しています。医師により治療のために処方された漢方薬は、新薬同様に医療費控除の対象となるようです。

漢方薬でも、たとえば前述と同じように風邪を引いた場合に購入したツムラなどの「葛根湯」は明らかに病気の治療のためのものだと考えられますので、医療費控除の対象と認められる可能性が高いです。

逆に漢方薬で医療費控除の対象と認められないのはどのようなものでしょうか。薬事法で医薬品と認められていないものはもちろんです。その条件は満たしている上で、病状や医師の指示があったかどうかで「治療に必要であるものかどうか」が判断されます。

漢方薬であっても、たとえば健康を促進するため、また病気を予防するためなどの健康効果が目的で購入した場合は、医療費控除の対象にはなりません。不明な点は薬局で薬を購入する際に相談するといいですね。

漢方薬の処方

漢方薬の処方内容が人によって違う理由を解説します。病院で処方された漢方薬は人それぞれの体質や症状、体調などによって異なり、病院ではそれぞれの症状を元に効果的と思われる処方を行っているようです

古い歴史を持ち、現代の私たちの病気にも優れた効果を発揮する漢方薬。漢方薬は体質を改善してくれますので、長年悩んでいるような慢性的な病気の治療にも用いられます。漢方薬はどのように処方されるのでしょうか。

漢方は「風邪にはこの薬」「糖尿病にはこの薬」「不妊にはこの薬」という風に、病気に対して処方が決まっているわけではなく、一人一人の体質や症状を詳しく調べ、それに対処する処方が出されます。それだけに漢方の診察はとても詳細で、時間をかけることが多いのが一つの特徴です。

漢方薬の処方は診察から

病院での診察時には複数の方向からアプローチされるようです。まずは、患者の様子を目で見ること。表情や体型、歩き方から顔色や舌の色に至るまで、患者の体質や体調は見た目にも大きく表れます。顔が青白いか赤いか、しみはあるか、くすみはないか、むくんでいるかなど、体の中の水分や血液の循環が正常であるかが体の表面にあらわれます。

次は、患者の声を聞く事。声の調子や呼吸音、話す時の口臭からも患者の体調を見分けることができます。そして、もちろん自覚症状や生活習慣などについて、患者に問診することも大切です。

最後に、患者に直接触れて診察することもおこなわれます。脈診や腹診がそれに当たります。単に脈を診ると言っても、普通私たちがするように脈拍数をはかるだけではなく、指に伝わってくる脈の強さやリズムなどで多くの種類にわけられています。ただ、指先で実際に微妙な脈の違いを感じ取ることはとても難しく、現在では検査機器で客観的にデータをとることが多いようです。

人によって処方内容が違うわけ

このような多方面からの診察を総合して診断を下し、治療の方向性を決め、それにあう処方が出されます。冷えやすい人は「寒証」、ほてりやすい人は「熱証」。細く虚弱な人は「虚証」、体格が良く体力がある人は「実証」など。さらに症状によってタイプが分かれるものもあります。

例えば、冷え性に悩んでいる人で「虚証」の場合、さらに症状によって「当帰芍薬散」や「八味地黄丸」が。「実証」の場合は「桂枝茯苓丸」や「桃核承気湯」といった漢方薬が処方されます。同じ冷え性でも人によって使う漢方薬がずいぶん違ってくるわけですね。

漢方薬の飲み方

漢方薬の飲み方。市販されている漢方薬のもっとも効果がでる正しい飲み方や飲む時間、苦くて飲みにくいものでも楽に飲めるようにできる方法や、体に負担をかけない方法を紹介します

漢方薬にはどのような種類があるのでしょうか。まずは、煎じて飲む生薬。本来はこういう形で飲まれてきました。漢方の治療院で処方してもらい、家で自分で煎じて飲むのが一般的です。

この方法なら患者個人個人の症状や体質に合わせて処方できますし、生薬ですので、一番効果が期待できますね。 ただ、毎日お薬の時間のたびに煎じて飲むのは大変な手間です。特に外で仕事をしている場合は飲めませんよね。そのため、生薬を乾燥粉末にしたものが現在では広く用いられています。

もう一つは、個人個人に合わせて処方するものではなく、一般的な症状に広く対応できるように製薬メーカーが製造した既成の薬。一番手軽に飲むことができますね。ツムラやカネボウ(クラシエ)など、大手メーカーも漢方薬に力を入れていて、一般薬局やドラッグストアでもたくさんの種類を目にすることができます。

漢方薬の効果的な飲み方

漢方薬の飲み方は他の薬と少々違っている部分があります。意外と知らないですよね。間違った飲み方では効果が出ないこともありますので、一度しっかりおさらいしておきましょう。

まず、一番大切なのは飲み忘れないこと。 そして、食間(食事と食事の間)に飲むのが一番効果的な飲み方です。食間ということは、だいたい食後2〜3時間経ったころでしょうか。

これは、胃の中の食べ物が消化され、お薬が体に吸収されやすいタイミングです。だったら食前でもいいいのでは?と思いますが、それでは胃腸への負担が大きくなるようですね。ただ、食間に飲むお薬って、つい飲むのを忘れてしまいませんか?そのためには飲む時間をハッキリ決めておくことが大切ですが、それでも飲み忘れてしまう場合は、食後に飲むようにするといいそうです。

粉末のエキスタイプは、できれば白湯に溶かして飲むようにしましょう。これが本来の煎じ薬に一番近い方法です。もちろん水で飲んでも構いませんし、嘔吐がある場合など、症状によっては冷たくして飲んだほうがいいこともあります。

苦くて飲みにくい…という人も多いですよね。子どもに飲ませるのに苦労している人も多いはず。その場合ははちみつを混ぜたりトロみをつけるといいようです。

漢方薬の治療には

漢方薬は病院や漢方薬局で処方されるものの他、ドラッグストアなどで簡単に購入できるものもあり、私たちの健康になくてはならないものになっています。病気の症状を改善するものから肌荒れ解消などの美容目的のものまで、その効果はさまざま。

でも、「漢方薬ってどんな風に飲んだらいいか分からない」「効果が出る薬はどれなの?」といろいろ疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

西洋の薬と違い、漢方のお薬は「風邪を引いたときにはこの薬」「高血圧にはこの薬」「便秘にはこの薬」という定義がありません。病気になるにはその人の体質に何らかの原因があり、その原因となる体質を改善すれば病気の症状もよくなる…そういう考え方により、個人個人の体質や体調をよく調べて、その人に合った処方を出します。

ですから、他の人に効果があったという同じ処方が、必ずしもあなたに効果的であるわけではありません。だから、ちゃんと効果を得ようと思えば、自分にあったものを処方してもらう必要があり、手軽に手に入れることができない反面、その人に一番フィットした処方で最大限に効果が得られますので、その点がとても魅力的ですね。

ですから、利用したいと思ったときは、漢方薬局などで知識と経験のある人に処方してもらうことが一番いいでしょう。実際には新薬(西洋薬)とあわせて使用するケースも多いようです。このような場合は特に、お互いの効果をさまたげてしまうようなことにならないよう、医師に確認することが必要になるでしょう。

漢方薬は正しい飲み方で

また、漢方薬の効果を出すには、正しい飲み方をすることが大切。正しい飲み方をしなければ、効果が薄れるどころか、副作用がでる場合もあります。漢方薬は一般的に食間(食事と食事の間で、だいたい食後2〜3時間)に飲むのが一番良いとされています。

これは生薬が吸収されやすい理想的な時間。体に吸収されてこそ効果が出るのですから、飲む時間はとても大切です。ただ、飲み忘れては意味がないので、自分の飲みやすい時間を考えて習慣づけるのがいいでしょう。