がんと漢方薬

がんに効く漢方薬。がんの予防や再発した時に、進行を抑え、自然治癒力を高める役割を持つ
高麗人参や朝鮮人参などの漢方薬、生薬の種類や効果を紹介します

がんに効く漢方薬

がんを患う人は年々増加する一方。食生活や生活習慣の乱れが原因になっているのでしょうか。肺がんや胃がん、大腸がんをはじめ、女性の子宮がんや乳がんなどが一番多い例。がんを早期発見するためのがん検診や、治療を助けるがん保険もどんどん充実しています。

体の抗がん力や自然治癒力の高さが、克服できるかどうかの大きな要素である「がん」。最近だんだんと「がんに効く漢方薬」が見直されてきています。

漢方は、その人の体調不良の原因を調べ、その原因となっている体質を改善することで病気を治そうという考え方の医学。薬の力で症状を抑えるのではなく、自然治癒力を高めることを大切にしています。

その点で言えば、体力をつける健康食品から温泉治療に至るまで「がんに効く」といえるのかもしれませんが、漢方薬の場合は個人個人の体質や状態を詳しく調べたうえで、その人に一番合った処方をだします。ですから、同じ病気であっても一人一人処方は違うわけですね。よって、最大限に効果を引き出すことができるのです。

「がんに効く」といっても漢方薬だけでがんを治癒してしまうとは言い難いのですが、少なくとも進行を大きく押さえて延命したり、手術の後の再発防止に役立てることができるでしょう。

漢方薬にがんを予防する効果

基本的には、漢方の3つの要素「気・血・水」のうち、その人の弱っている部分を向上させる処方がされるのですが、具体的にがんに効くという報告がある漢方薬の生薬もありますので、いくつか見ていきましょう。

まずは「虎杖根(コジョウコン) 」です。がんを抑制するリスベラトロール(レスベラトロール)という成分を含み、その抗がん・抗菌作用で発ガンを予防するとともに、発生したがん細胞を倒してくれます。また、感染症を併発した場合にも大変効果があります。

次に、「人参(ニンジン)」。高麗人参や朝鮮人参と呼ばれるものです。こちらもがんを予防する効果や、がんが転移するのを防ぐ高価が報告されていますし、加熱処理することにより、高い抗腫瘍効果を発揮することもわかっています。これだけでなく血行や代謝をよくし、免疫力を増長するなど、がんに効く漢方薬として必要な「自然治癒力を引き出す力」を備えている最良の生薬だと言えるでしょう。

病気と漢方薬

病気と漢方薬について。漢方医学からみた病気の捉え方やその特徴と、子宮筋腫、子宮内膜症など
婦人科系の病気の処方の方法、例などを紹介します

漢方医学の特徴

病気の治療をおこなう場合、病院ではその症状を抑えると共に、原因となる要因を散らすことが行われますね。目の病気には目薬で症状を緩和し、耳の病気には炎症を抑える飲み薬を…という具合に。

漢方医学の考え方は、西洋医学のそれとは少し違っています。病気になるにはその人の体の基本的要素の中に弱っている部分や異常をきたしている部分があるため。それを漢方薬によって正しく軌道修正してやることで体調や体質がよくなり、その結果症状もよくなる、という仕組みです。

ですから、同じ病気の患者でも、その人個人の状態によって全く違う漢方薬が処方されることは珍しくありませんし、体質を根本的によい状態へ導くため、他の病気や精神的な悩みまで一緒に解消されることも多いのです。副作用も少なく、個人に合った処方ができるため、赤ちゃんや子供から、体力の減退した高齢者まで安心して利用できるのも嬉しいところです。

漢方薬の処方例

たとえば、女性特有の婦人科系の悩み、子宮筋腫や子宮内膜症を例にとってみましょう。西洋医学では、投薬によるホルモン療法がおこなわれることが多く、症状によっては筋腫や子宮全体の摘出手術を行うこともあります。

漢方ではこの症状を骨盤内が鬱血(血の循環が滞っている)している「お血」状態であるととらえ、これを解消する処方がよく用いられます。具体的には「当帰芍薬散(痛みや冷えのある人に)」、「桃核承気湯(汗をかきやすく、のぼせがある人に)」など。

体が冷えやすかったり、体内の熱のバランスが悪いなど、体の機能のおかしいところを整えてくれますので、子宮の異常を解消するだけでなく、体全体を健康にしてくれるでしょう。また、西洋医学による治療と併用することで、新薬(西洋薬)による副作用がでるのをおさえてくれるものもあります。

体調不調の治療に漢方薬を利用したい時は、このような漢方薬の仕組みをよく理解し、できるだけ自分に合った処方をしてくれる専門家に相談することをおすすめします。

ダイエットと漢方薬

ダイエットと漢方薬について。漢方薬でダイエットすることは可能でしょうか。美肌や肥満の状態から皮下脂肪を減らして痩せる体型の維持にもよいといわれている漢方薬を体型別、肥満やストレス太りなどのタイプ別に分類しました

漢方薬はダイエットに効く?

漢方薬を風邪などの病気だけでなく、冷え性や便秘、生理痛、高血圧といった気になる体質や、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギーの治療に使っている人も多いと思います。

また、穏やかに体質を改善してくれることから、乾燥肌やにきび肌などの美肌のためやダイエットのために使う人も増えているんですよ。こではダイエットに使われる漢方薬を見ていきましょう。

タイプ別のダイエット漢方薬

CMなどで誰でも聞いたことがあるのが「コッポアポ」。「コッポアポA」(またはコッポアポS)は防風通聖散という漢方薬です。「ナイシトール」も同じく防風通聖散の処方となります。パッケージには「便秘と皮下脂肪が気になる方に」と書いてあるとおり、お腹のお肉や皮下脂肪が気になる、いわゆる「ビール腹」の方によいかと思います。

同じ「コッポアポ」でも「コッポアポL」の方は防已黄耆湯という処方になっていて、「A」が脂肪太りの人に合う薬だったのに対し、 この「L」の方はむくみが気になる「水ぶとり」の人に人気の薬。色が白く、汗をかきやすい人に合います。

また、筋肉質でがっしりしたタイプの人には「大柴胡湯」が処方されます。内臓の炎症にもよいといわれていますので、胃炎や便秘などに処方されることもあります。

その他にもストレスで太ってしまった人には気のめぐりをよくする「加味逍遥散」。血液の循環が悪い、あるいは、ホルモンのバランスが乱れている人(特に更年期障害の女性など)には「桂枝茯苓丸」など、いろいろなタイプの人に合うさまざまな処方があります。

漢方薬はダイエットの補助に

このようにダイエットに有効な漢方薬はいろいろとあるようですが、「本当に痩せるの?」と疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。漢方薬によるダイエットの場合、「肥満の度合いが高い人」ほど効果があるでしょう。また、高血圧や糖尿病などで体重を落とす必要があるときも漢方薬の使用は大変有効です。

逆に、標準体重の範囲内におさまっているのにも関わらず、まだ体重を落としたい人。こういう場合は運動や食事療法とあわせて取り組まないと効果は出にくいでしょう。

スキンケアと漢方

スキンケア、化粧品と漢方について。女性の美白、肌荒れ、敏感肌などに使われる保湿のための化粧品や、男性のスキンケアにも使われる漢方薬の種類とその効果を紹介します

漢方を使ったスキンケア

インターネットで情報を見ていると、スキンケアに関する内容がどこにも溢れていますね。通販サイト、口コミランキングサイト、個人で試した化粧品やスキンケアグッズをレポートしたブログなど。

赤ちゃんや敏感肌の人にも安心なオーガニック化粧品や、男性用の商品も増える一方ですね。有名なブランド化粧品から通販でしか購入できないものなど、それこそすべてを試すことができないほどの種類があります。そのなかでも、漢方をつかった化粧品やスキンケア用品もたくさんあります。

漢方の化粧品

みなさんは漢方の化粧品があるのをご存知ですか?漢方といえば、生薬を煎じて飲む普通の漢方薬を想像すると思いますが、肌に塗って美しくする化粧品にもまた、中国の女性たちが遠い昔から使ってきた漢方のものが存在し、これが現代まで大切に受け継がれているわけですね。

市販の化粧品には肌に刺激のあるものが多く、品質を保つために害のある成分が含まれているものもたくさんあります。そのような製品を使い続けることに不安を感じる人や、「市販のものでは肌が荒れてしまう」という人には、肌が本来持っている自然治癒力を高めることを重視し、有害な物質を含まない漢方を愛用する人も多いようです。

漢方のスキンケア用品

漢方のスキンケア用品にはどのようなものがあるのでしょうか。例えば、身近なところでは、私たちがスーパーやドラッグストアでも目にすることができるヘチマ化粧水やアロエ化粧水。こららも漢方で古くから使われてきたものです。

アロエには高い保湿効果がありますので、ハンドクリームなどにもよく使われますし、ヘチマは美白効果が高いことで知られていますね。他にも、飲む漢方薬にもよく含まれる生薬が肌に塗るスキンケア用品にも使われます。甘草エキスは炎症を抑える効果のあるグリチルリチンが主成分であり、ニキビや肌荒れをおだやかに解消してくれます。

またカッコンエキスは、美白効果に優れていますし、肌に潤いを与える「当帰(トウキ)」「桃仁(トウニン)」「牡丹皮(ボタンピ)」、かゆみをおさえアトピーにも効果のある「苦参(クジン)」、肌を清潔にする「黄柏(キハダ)」など、スキンケアに効果の高い漢方薬の成分が多くの化粧品に使用されています。

女性と漢方薬

女性に多い症状と漢方薬の効果。女性特有の冷え性や便秘、体調不良、乾燥肌や生理、不妊など妊娠関係や婦人科系の症状に効果的な漢方薬とその種類、効果をまとめました

女性の体調不良に

女性には女性ならではの体の悩みがいろいろとあるもの。月経不順や生理痛、更年期障害、不妊などの婦人科系の悩みを代表に、冷え性や便秘、むくみなど女性がなりやすい体調不良。乾燥肌やにきびなどの肌荒れや皮下脂肪など、女性は特に気になりますよね。

女性の症状にも漢方薬を

このような体質はあまり「病気」とは捉えにくく、よっぽど酷くならなければ病院に行く人も少ないのではないでしょうか。そんなときは漢方薬を利用してみてはいかがでしょう。漢方薬では「気・水・血」の3つの要素が健康をつかさどると考えられ、そのどれかの機能が低下すると体調を崩します。その異常をきたした部分を改善する処方を用います。

副作用もほとんどありませんし、漢方薬局などで知識や経験のある人に診てもらえば個人個人に一番合った処方を出してもらえます。ツムラやカネボウ(クラシエ)など、漢方薬に力を入れている製薬会社もあり、薬局にもたくさん薬が並んでいます。処方が分かっていれば通販で購入することもできますね

女性に多く見られる症状

たとえば冷え性の場合、よく使われる処方の一つが「「桂枝茯苓丸」。のぼせや頭痛、めまいがある症状や月経異常にも用いられる処方です。

また、冷えは貧血から来ていることもありますよね。このように貧血傾向があり、全体的に体力が弱く疲れやすい人に効果的なのが「当帰芍薬散」。こちらも月経に関するトラブル全般に効果があり、貧血を解消して体をあたためてくれます。

冷え性と同じくらい悩んでいる人が多いのが便秘ではないでしょうか。漢方では一口に「便秘」と言ってもいろいろなタイプがあると考えています。ストレスなどが原因で気が滞っている場合。冷えによる場合。

血液や水分が足りない場合など。診察でその人その人の便秘の原因を判断し、その体質を改善するような処方をします。まさにこれが漢方薬の特徴。同じ症状でも人によって処方が違うので、その人に合った処方でより高い効果を期待することができます。慢性的に悩んでいるあなたの体質。漢方薬で改善して気持ちのいい生活を!