がんと漢方薬

がんに効く漢方薬。がんの予防や再発した時に、進行を抑え、自然治癒力を高める役割を持つ
高麗人参や朝鮮人参などの漢方薬、生薬の種類や効果を紹介します

がんに効く漢方薬

がんを患う人は年々増加する一方。食生活や生活習慣の乱れが原因になっているのでしょうか。肺がんや胃がん、大腸がんをはじめ、女性の子宮がんや乳がんなどが一番多い例。がんを早期発見するためのがん検診や、治療を助けるがん保険もどんどん充実しています。

体の抗がん力や自然治癒力の高さが、克服できるかどうかの大きな要素である「がん」。最近だんだんと「がんに効く漢方薬」が見直されてきています。

漢方は、その人の体調不良の原因を調べ、その原因となっている体質を改善することで病気を治そうという考え方の医学。薬の力で症状を抑えるのではなく、自然治癒力を高めることを大切にしています。

その点で言えば、体力をつける健康食品から温泉治療に至るまで「がんに効く」といえるのかもしれませんが、漢方薬の場合は個人個人の体質や状態を詳しく調べたうえで、その人に一番合った処方をだします。ですから、同じ病気であっても一人一人処方は違うわけですね。よって、最大限に効果を引き出すことができるのです。

「がんに効く」といっても漢方薬だけでがんを治癒してしまうとは言い難いのですが、少なくとも進行を大きく押さえて延命したり、手術の後の再発防止に役立てることができるでしょう。

漢方薬にがんを予防する効果

基本的には、漢方の3つの要素「気・血・水」のうち、その人の弱っている部分を向上させる処方がされるのですが、具体的にがんに効くという報告がある漢方薬の生薬もありますので、いくつか見ていきましょう。

まずは「虎杖根(コジョウコン) 」です。がんを抑制するリスベラトロール(レスベラトロール)という成分を含み、その抗がん・抗菌作用で発ガンを予防するとともに、発生したがん細胞を倒してくれます。また、感染症を併発した場合にも大変効果があります。

次に、「人参(ニンジン)」。高麗人参や朝鮮人参と呼ばれるものです。こちらもがんを予防する効果や、がんが転移するのを防ぐ高価が報告されていますし、加熱処理することにより、高い抗腫瘍効果を発揮することもわかっています。これだけでなく血行や代謝をよくし、免疫力を増長するなど、がんに効く漢方薬として必要な「自然治癒力を引き出す力」を備えている最良の生薬だと言えるでしょう。