膀胱炎と漢方薬

膀胱炎に効果的な漢方薬。女性に多く見られ、急性、または慢性的に発症する膀胱炎の原因別の症状と漢方薬の使い方。
市販薬と併用でき、妊娠中や子供にも使える漢方の種類を紹介します

膀胱炎の症状

膀胱炎は女性なら誰もが一度はかかったことがある…と言われる病気。中には何度も繰り返しかかってしまう人もいる、珍しくはないけれどとても辛い病気です。トイレが近いくらいならまだしも、症状が進み、排尿のたびに激痛があったり、トイレにこもらなければいけないくらい頻尿になる、あるいは残尿感が強くなることも。血尿が出ることもありますよね。

膀胱炎の原因

膀胱炎が起きる原因のほとんどは、膀胱が大腸菌に感染してしまうこと。健康な人は細菌が侵入してきても免疫が働いて粘膜を守ってくれるのですが、排尿を我慢したり体力が弱っているなど、何らかの原因で免疫力が落ちていると細菌が繁殖してしまいます。

膀胱炎の市販薬

病院で治療を受ける人も多いと思いますが、薬局などで手に入る市販薬もありますので、かかりやすい人は常備しておいてもいいかもしれません。また、膀胱炎に多い「何度も再発する人」の場合、処方される抗菌剤が効かないこともあるようです。また、細菌性ではない場合でも膀胱炎にかかりやすい人も。そういう場合は漢方薬を試してみるといいかもしれません。

膀胱炎の漢方薬

尿道が圧迫されるため膀胱炎にかかりやすい妊娠中の女性にも、漢方薬を使った治療がよく行われています。膀胱炎の治療に使われる漢方薬は、まず「八味地黄丸」があげられるでしょう。手足が冷えやすく、疲れやすい人。再発しやすい人にはこちらが合いそうです。

水分を摂りすぎたわけでもないのに、夜中たびたびトイレに行きたくなる人にも効果がありますよ。ただし、胃腸が弱い人や貧血の人は注意!吐き気をもよおしたり、食欲がなくなる可能性があります。

他に「猪苓湯」もよく使われる漢方薬です。こちらはどのような人にも幅広く効果が期待できるのが特長、利尿効果がありますので、尿の量が少なく、尿がでにくい場合、残尿感や排尿時の痛みによく効きます。また、ストレスでイライラしたり、緊張が原因で頻尿になってしまうケースもあります。そのような場合は「猪苓湯合四物湯」や「黄連解毒湯」がいいでしょう。