がんと漢方薬

がんに効く漢方薬。がんの予防や再発した時に、進行を抑え、自然治癒力を高める役割を持つ
高麗人参や朝鮮人参などの漢方薬、生薬の種類や効果を紹介します

がんに効く漢方薬

がんを患う人は年々増加する一方。食生活や生活習慣の乱れが原因になっているのでしょうか。肺がんや胃がん、大腸がんをはじめ、女性の子宮がんや乳がんなどが一番多い例。がんを早期発見するためのがん検診や、治療を助けるがん保険もどんどん充実しています。

体の抗がん力や自然治癒力の高さが、克服できるかどうかの大きな要素である「がん」。最近だんだんと「がんに効く漢方薬」が見直されてきています。

漢方は、その人の体調不良の原因を調べ、その原因となっている体質を改善することで病気を治そうという考え方の医学。薬の力で症状を抑えるのではなく、自然治癒力を高めることを大切にしています。

その点で言えば、体力をつける健康食品から温泉治療に至るまで「がんに効く」といえるのかもしれませんが、漢方薬の場合は個人個人の体質や状態を詳しく調べたうえで、その人に一番合った処方をだします。ですから、同じ病気であっても一人一人処方は違うわけですね。よって、最大限に効果を引き出すことができるのです。

「がんに効く」といっても漢方薬だけでがんを治癒してしまうとは言い難いのですが、少なくとも進行を大きく押さえて延命したり、手術の後の再発防止に役立てることができるでしょう。

漢方薬にがんを予防する効果

基本的には、漢方の3つの要素「気・血・水」のうち、その人の弱っている部分を向上させる処方がされるのですが、具体的にがんに効くという報告がある漢方薬の生薬もありますので、いくつか見ていきましょう。

まずは「虎杖根(コジョウコン) 」です。がんを抑制するリスベラトロール(レスベラトロール)という成分を含み、その抗がん・抗菌作用で発ガンを予防するとともに、発生したがん細胞を倒してくれます。また、感染症を併発した場合にも大変効果があります。

次に、「人参(ニンジン)」。高麗人参や朝鮮人参と呼ばれるものです。こちらもがんを予防する効果や、がんが転移するのを防ぐ高価が報告されていますし、加熱処理することにより、高い抗腫瘍効果を発揮することもわかっています。これだけでなく血行や代謝をよくし、免疫力を増長するなど、がんに効く漢方薬として必要な「自然治癒力を引き出す力」を備えている最良の生薬だと言えるでしょう。

病気と漢方薬

病気と漢方薬について。漢方医学からみた病気の捉え方やその特徴と、子宮筋腫、子宮内膜症など
婦人科系の病気の処方の方法、例などを紹介します

漢方医学の特徴

病気の治療をおこなう場合、病院ではその症状を抑えると共に、原因となる要因を散らすことが行われますね。目の病気には目薬で症状を緩和し、耳の病気には炎症を抑える飲み薬を…という具合に。

漢方医学の考え方は、西洋医学のそれとは少し違っています。病気になるにはその人の体の基本的要素の中に弱っている部分や異常をきたしている部分があるため。それを漢方薬によって正しく軌道修正してやることで体調や体質がよくなり、その結果症状もよくなる、という仕組みです。

ですから、同じ病気の患者でも、その人個人の状態によって全く違う漢方薬が処方されることは珍しくありませんし、体質を根本的によい状態へ導くため、他の病気や精神的な悩みまで一緒に解消されることも多いのです。副作用も少なく、個人に合った処方ができるため、赤ちゃんや子供から、体力の減退した高齢者まで安心して利用できるのも嬉しいところです。

漢方薬の処方例

たとえば、女性特有の婦人科系の悩み、子宮筋腫や子宮内膜症を例にとってみましょう。西洋医学では、投薬によるホルモン療法がおこなわれることが多く、症状によっては筋腫や子宮全体の摘出手術を行うこともあります。

漢方ではこの症状を骨盤内が鬱血(血の循環が滞っている)している「お血」状態であるととらえ、これを解消する処方がよく用いられます。具体的には「当帰芍薬散(痛みや冷えのある人に)」、「桃核承気湯(汗をかきやすく、のぼせがある人に)」など。

体が冷えやすかったり、体内の熱のバランスが悪いなど、体の機能のおかしいところを整えてくれますので、子宮の異常を解消するだけでなく、体全体を健康にしてくれるでしょう。また、西洋医学による治療と併用することで、新薬(西洋薬)による副作用がでるのをおさえてくれるものもあります。

体調不調の治療に漢方薬を利用したい時は、このような漢方薬の仕組みをよく理解し、できるだけ自分に合った処方をしてくれる専門家に相談することをおすすめします。

ダイエットと漢方薬

ダイエットと漢方薬について。漢方薬でダイエットすることは可能でしょうか。美肌や肥満の状態から皮下脂肪を減らして痩せる体型の維持にもよいといわれている漢方薬を体型別、肥満やストレス太りなどのタイプ別に分類しました

漢方薬はダイエットに効く?

漢方薬を風邪などの病気だけでなく、冷え性や便秘、生理痛、高血圧といった気になる体質や、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギーの治療に使っている人も多いと思います。

また、穏やかに体質を改善してくれることから、乾燥肌やにきび肌などの美肌のためやダイエットのために使う人も増えているんですよ。こではダイエットに使われる漢方薬を見ていきましょう。

タイプ別のダイエット漢方薬

CMなどで誰でも聞いたことがあるのが「コッポアポ」。「コッポアポA」(またはコッポアポS)は防風通聖散という漢方薬です。「ナイシトール」も同じく防風通聖散の処方となります。パッケージには「便秘と皮下脂肪が気になる方に」と書いてあるとおり、お腹のお肉や皮下脂肪が気になる、いわゆる「ビール腹」の方によいかと思います。

同じ「コッポアポ」でも「コッポアポL」の方は防已黄耆湯という処方になっていて、「A」が脂肪太りの人に合う薬だったのに対し、 この「L」の方はむくみが気になる「水ぶとり」の人に人気の薬。色が白く、汗をかきやすい人に合います。

また、筋肉質でがっしりしたタイプの人には「大柴胡湯」が処方されます。内臓の炎症にもよいといわれていますので、胃炎や便秘などに処方されることもあります。

その他にもストレスで太ってしまった人には気のめぐりをよくする「加味逍遥散」。血液の循環が悪い、あるいは、ホルモンのバランスが乱れている人(特に更年期障害の女性など)には「桂枝茯苓丸」など、いろいろなタイプの人に合うさまざまな処方があります。

漢方薬はダイエットの補助に

このようにダイエットに有効な漢方薬はいろいろとあるようですが、「本当に痩せるの?」と疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。漢方薬によるダイエットの場合、「肥満の度合いが高い人」ほど効果があるでしょう。また、高血圧や糖尿病などで体重を落とす必要があるときも漢方薬の使用は大変有効です。

逆に、標準体重の範囲内におさまっているのにも関わらず、まだ体重を落としたい人。こういう場合は運動や食事療法とあわせて取り組まないと効果は出にくいでしょう。

スキンケアと漢方

スキンケア、化粧品と漢方について。女性の美白、肌荒れ、敏感肌などに使われる保湿のための化粧品や、男性のスキンケアにも使われる漢方薬の種類とその効果を紹介します

漢方を使ったスキンケア

インターネットで情報を見ていると、スキンケアに関する内容がどこにも溢れていますね。通販サイト、口コミランキングサイト、個人で試した化粧品やスキンケアグッズをレポートしたブログなど。

赤ちゃんや敏感肌の人にも安心なオーガニック化粧品や、男性用の商品も増える一方ですね。有名なブランド化粧品から通販でしか購入できないものなど、それこそすべてを試すことができないほどの種類があります。そのなかでも、漢方をつかった化粧品やスキンケア用品もたくさんあります。

漢方の化粧品

みなさんは漢方の化粧品があるのをご存知ですか?漢方といえば、生薬を煎じて飲む普通の漢方薬を想像すると思いますが、肌に塗って美しくする化粧品にもまた、中国の女性たちが遠い昔から使ってきた漢方のものが存在し、これが現代まで大切に受け継がれているわけですね。

市販の化粧品には肌に刺激のあるものが多く、品質を保つために害のある成分が含まれているものもたくさんあります。そのような製品を使い続けることに不安を感じる人や、「市販のものでは肌が荒れてしまう」という人には、肌が本来持っている自然治癒力を高めることを重視し、有害な物質を含まない漢方を愛用する人も多いようです。

漢方のスキンケア用品

漢方のスキンケア用品にはどのようなものがあるのでしょうか。例えば、身近なところでは、私たちがスーパーやドラッグストアでも目にすることができるヘチマ化粧水やアロエ化粧水。こららも漢方で古くから使われてきたものです。

アロエには高い保湿効果がありますので、ハンドクリームなどにもよく使われますし、ヘチマは美白効果が高いことで知られていますね。他にも、飲む漢方薬にもよく含まれる生薬が肌に塗るスキンケア用品にも使われます。甘草エキスは炎症を抑える効果のあるグリチルリチンが主成分であり、ニキビや肌荒れをおだやかに解消してくれます。

またカッコンエキスは、美白効果に優れていますし、肌に潤いを与える「当帰(トウキ)」「桃仁(トウニン)」「牡丹皮(ボタンピ)」、かゆみをおさえアトピーにも効果のある「苦参(クジン)」、肌を清潔にする「黄柏(キハダ)」など、スキンケアに効果の高い漢方薬の成分が多くの化粧品に使用されています。

クラシエの漢方薬

クラシエの漢方薬について。ドラッグストアや薬局で人気のクラシエ漢方薬のカンポウ専科の風邪、鼻水に効く葛根湯や
睡眠不足、不眠、肩こりなどに効果、効能がある加味帰脾湯の紹介です

クラシエ漢方薬

クラシエはカネボウ・トリニティ・ホールディンググループやカネボウフーズなどをあわせ、2007年に誕生しました。

まだ誕生したばかりなので「クラシエ」の名前に馴染みのない人は多いと思いますが、ドラッグストアやスーパーなどへ行ってよく見てみると、シャンプーの「ナイーブ」や化粧水の「肌美精」、入浴剤の「旅の宿」など、「以前からよく見かける商品に「クラシエ」の文字がついているのをとてもたくさん見つけることができます。

クラシエのカンポウ専科

そして、クラシエの中でも利用する人が多いのが漢方薬の「カンポウ専科」。こちらの漢方薬は症状や悩みにあわせて選びやすいのが特長です。パッケージに「不眠・不安に」「手や足の冷えに」「鼻水・鼻炎に」など、大きく大変分かりやすく効能が書かれていますので、とても分かりやすく、自分で選ぶ時も迷わずにすみますね。

風邪の引き始め、ゾクゾクと寒気がしたり、筋肉や関節が痛む時はご存知「葛根湯」。 1日に3度服用する「葛根湯S」や忙しい人に嬉しい1日2度タイプの「葛根湯S II」、エキスの量が増量となっている「葛根湯A」があります。

また、同じく風邪の引き始め、鼻水が不快なときは「小青竜湯S」や「小青龍湯A」。 のどが腫れたり痛む場合には「のどの痛みに」と表記されている「甘草湯S」や「のどがはれて痛むかぜに」とパッケージにある「銀翹散A」が効果的。

人気の加味帰脾湯

薬局でも見かけて気になっているのが「眠りが浅い 不眠、不安に」という「加味帰脾湯」や「寝つきが悪い 不眠、不安に」という「柴胡加竜骨牡蛎湯」といったクラシエの睡眠関係の漢方薬。

仕事などでストレスを抱えていたりしてよく眠れず、朝スッキリ起きられない人は多いですよね。睡眠薬は何だか心配になりますが、漢方薬で神経を落ち着けるのなら「試してみようかな?」と思う人も多いはず。

私は寝る直前までPCを使っていることが多いので、ベッドに入ってからも脳がなかなか休まらず、なかなか眠りが悪かったり夢を見て目が覚めるのが気になっています。肩こりなども和らげてくれるようですよ。

女性と漢方薬

女性に多い症状と漢方薬の効果。女性特有の冷え性や便秘、体調不良、乾燥肌や生理、不妊など妊娠関係や婦人科系の症状に効果的な漢方薬とその種類、効果をまとめました

女性の体調不良に

女性には女性ならではの体の悩みがいろいろとあるもの。月経不順や生理痛、更年期障害、不妊などの婦人科系の悩みを代表に、冷え性や便秘、むくみなど女性がなりやすい体調不良。乾燥肌やにきびなどの肌荒れや皮下脂肪など、女性は特に気になりますよね。

女性の症状にも漢方薬を

このような体質はあまり「病気」とは捉えにくく、よっぽど酷くならなければ病院に行く人も少ないのではないでしょうか。そんなときは漢方薬を利用してみてはいかがでしょう。漢方薬では「気・水・血」の3つの要素が健康をつかさどると考えられ、そのどれかの機能が低下すると体調を崩します。その異常をきたした部分を改善する処方を用います。

副作用もほとんどありませんし、漢方薬局などで知識や経験のある人に診てもらえば個人個人に一番合った処方を出してもらえます。ツムラやカネボウ(クラシエ)など、漢方薬に力を入れている製薬会社もあり、薬局にもたくさん薬が並んでいます。処方が分かっていれば通販で購入することもできますね

女性に多く見られる症状

たとえば冷え性の場合、よく使われる処方の一つが「「桂枝茯苓丸」。のぼせや頭痛、めまいがある症状や月経異常にも用いられる処方です。

また、冷えは貧血から来ていることもありますよね。このように貧血傾向があり、全体的に体力が弱く疲れやすい人に効果的なのが「当帰芍薬散」。こちらも月経に関するトラブル全般に効果があり、貧血を解消して体をあたためてくれます。

冷え性と同じくらい悩んでいる人が多いのが便秘ではないでしょうか。漢方では一口に「便秘」と言ってもいろいろなタイプがあると考えています。ストレスなどが原因で気が滞っている場合。冷えによる場合。

血液や水分が足りない場合など。診察でその人その人の便秘の原因を判断し、その体質を改善するような処方をします。まさにこれが漢方薬の特徴。同じ症状でも人によって処方が違うので、その人に合った処方でより高い効果を期待することができます。慢性的に悩んでいるあなたの体質。漢方薬で改善して気持ちのいい生活を!

漢方薬の飲み合わせ

漢方薬と病院で処方された薬、または以前の飲み残した漢方薬、市販されている薬との飲み合わせには注意が必要です。
ここでは飲み合わせた場合にどのような症状が起こるのか、例とともに紹介します

漢方薬は飲み合わせても平気?

漢方薬は自然の生薬を利用して作られているためか、その飲み合わせについてあまり気にしない方が多いようです。病院で医師に処方されたものや、漢方薬局で処方されたものよりも、特に薬局で買うことができる市販の漢方薬(ツムラやクラシエのものなど)となるとその傾向が強いようですね。本当に飲み合わせを気にせずに飲んで大丈夫なのでしょうか。

漢方薬の処方は複数の生薬を組み合わせ、同時に働かせることでその効果を発揮します。何種類かの処方を一緒に飲んだとしましょう。一つの処方だとそのまま効果があらわれるものが、複数の処方の多くの生薬が一緒になることで、効果が強く出すぎてしまったり、逆に効果を打ち消しあってしまったりと、困った作用をすることがあるんです。

ですから、「漢方同士だから別に大丈夫だろう」と自分で判断せず、知識のある専門家に相談するようにしましょう。また、以前の飲み残しの薬についても同じです。

漢方薬と新薬の飲み合わせ

また、新薬(西洋薬)との飲み合わせももちろん注意すべきです。薬を処方される時に「今飲んでいるお薬はありますか?」と尋ねられると思いますが、そのときには必ず漢方のお薬も含めるようにしましょう。中には併用することで効果がなくなったり、副作用を引き起こす飲み合わせが存在します。

例えば、身近な例で、風邪を引いてしまい、漢方の風邪薬を飲んでいる間に生理痛がひどくなってしまい、鎮痛剤を飲みたいという場合。風邪薬が葛根湯のようなものなら心配ありませんが、解熱作用のある成分が入っていれば、強く作用し過ぎてしまう可能性があります。

他の例もご紹介しましょう。高血圧の治療で利尿剤が処方されている人が、「甘草(カンゾウ)」という生薬が含まれている漢方薬を飲むと、血液中の成分バランスが崩れたり、筋肉に異常をきたしたりすることがあります。利尿剤にも種類がありますので必ず飲み合わせが悪いとは言えませんが、甘草もよく漢方薬に含まれている生薬ですので注意が必要です。

漢方薬の副作用

漢方薬の副作用について。便秘や冷え性、風邪などに効果的な漢方薬は生薬ですが、副作用が発症することがあります。
体調や胃腸の調子や飲むタイミングには十分気をつけましょう

漢方は生薬

漢方薬は便秘や冷え性、風邪やにきびなどのよくある症状をはじめ、あらゆる病気の改善に広く使われていますね。西洋医学で処方される薬には化学的に合成された成分が含まれることが多く、全体的に即効性が高いので、飲みすぎたり飲み方を誤ったとき、そして体質に合わなかった時など副作用を引き起こすこともあります。

その点、漢方薬は西洋の薬とはずいぶん違っていますね。まず、化学的に作られた成分を使わず、植物のあらゆる部位(花・葉・根など)から作った生薬を組み合わせて作られること。西洋のお薬のように効果が限定されず、いろいろな場所や症状に作用すること。

即効性はないものの、穏やかに作用し、慢性的な病気・病気を引き起こす体質の改善に非常に効果があります。歴史は古く、はるか二千年昔から行われているといわれていますので、より優れたものが残り、発展しているでしょう。

漢方薬にも副作用は起こる

このように漢方薬はその成り立ちからみても副作用の出にくい薬であるといえるでしょう。ただ、だからといって全くないとは言えず、少なからず副作用の出ることもあります。

漢方薬は知識を持った専門家が個々の症状や体質によって、その人に合う薬を処方してこそ最大限の効果が得られるもの。その診断が不十分であったり、素人判断で自分の症状に合わない薬を飲んだり、間違った飲み方をすると、副作用を引き起こすことも十分考えられます。

漢方薬でむくみが

漢方薬で副作用が起こる場合、比較的多いのが飲むタイミングを間違えてしまう場合。漢方のお薬は食前や食間に飲むことが多いと思いますが、胃が空っぽのときに飲むと胃腸に負担を与えてしまいますので、胃腸虚弱の人は食後に飲むよう指導されることも。飲む時間を間違えると効果が出ないばかりか、胃痛や下痢などの原因となりますので、指示されたタイミングを守るようにしましょう。

また、体がむくんでしまうこともあるようです。これは漢方薬によく含まれる甘草(かんぞう)が原因かもしれません。摂取しすぎると体がむくみますので、適量を守るよう気をつけましょう。

漢方薬の使用期限

漢方薬の使用期限について。病院で処方されたもの、または市販のものの違いはあっても、使用期限をすぎてからの服用は
副作用が起こる可能性があるので注意。病気が再発した場合には、必ず病院で新しいものを処方してもらいましょう

薬の使用期限

誰でも「病院で処方してもらって購入したけど、飲み残したまま日が経ってしまった」というお薬がいくつかあるものではないでしょうか。飲み終わらないうちに症状がよくなったり、飲み忘れてしまったりで、放置して使用期限が過ぎてしまったものが多いと思います。

かなり経ってから過去に処方されたときと同じ症状が出るなどして「以前処方された薬を飲みたいけれど、大丈夫かな?」と思った経験があるのでは?

漢方薬にも使用期限がある?

西洋薬の場合にも使用期限があるように、漢方薬の場合にも同じくあります。一般的に漢方薬の使用期限はどのように考えればいいのでしょうか。まずは、病院で分包処方された薬。白い紙の包みに入っているようなものです。こちらは保存が効く包み方になっておらず、通常は「2週間分」と処方されたならその期間で飲むものと考えた方がいいでしょう。数ヶ月経てば湿気を吸ってしまいますし、品質が変わっていることが多いと思われます。

そうでなく、保存の効くシートに入っている(銀色の包みなど)場合や、薬局で購入する漢方薬は期限が5年と設定されていることが多いようです。薬局で購入する場合は、パッケージに使用期限が記載されていますので、手元に持っている漢方薬がある場合は一度確認してみましょう。

漢方薬も使用期限を守る

そして、漢方薬の場合、もう一つ気をつけておかなければいけないことがあります。病気の種類によって薬が処方される西洋薬と違い、漢方薬は個々の体質や体調、症状を詳しく調べて処方が決められます。体力があるかどうか、顔色はどうか、むくみがあるか、汗をかくかどうか、痩せているかどうかなどの体質。また、同じ風邪でも症状はさまざまですよね。

今の時点でのあなたの状態をいろいろな方法で診察し、処方された薬があなたに合ったお薬ということになりますので、たとえば、ずいぶん前に風邪を引いたときに処方された薬が、今同じように風邪を引いているあなたに必ずしも効果があるとはいえません。

数ヶ月ならまだしも、1年以上経っていれば体質も変わっているかもしれませんよね。漢方薬は体に優しい薬ではありますが、使用期限が過ぎているものを服用したり、間違った処方をすれば副作用がでることもあります。ですから、古くなった薬を自己判断で飲むのはできるだけ控えるようにしましょう。

漢方薬と医療費控除

漢方薬は医療費控除の対象になるでしょうか。一般的に医療費控除の対象になる診察費用、入院費や治療のための交通費は、対象となるようですが、漢方薬の場合には控除の対象になるものとならないものがあるようですので、その違いを説明します

医療費控除の対象は

その年の医療費が10万円を越えた場合は医療費控除が受けられますよね。病院でかかった診察費や入院費、治療を受けるための交通、治療のために必要な医薬品の代金、付添い人にかかる費用など、対象となる範囲は意外と広く、明確に定められていますので、必ず一度チェックしておくべきでしょう。

逆に、例えば健康のために飲んでいるサプリメントや健康診断の費用、美容整形の手術費用など、対象外となる物も定められています。

市販薬と医療費控除

そこで気になるのが薬局で購入する薬ではないでしょうか。私たちは「ちょっと風邪を引いた」「腰が痛い」「目が疲れた」など、それほど深刻でない病気になったときは病院に行かずに薬店で薬を購入することも多いですよね。

例えば、薬局で風邪薬を購入した場合は、医療費控除の対象になります。ここで何がポイントになるかというと、「治療や療養のために購入したこと」と「薬事法に定められている医薬品であること」の二つの点。これが医療費控除が認められるための必須事項となります。レシートでは認められないケースがあるようですので、薬剤師さんに領収書を発行してもらった方がいいでしょう。

漢方薬は医療費控除の対象になる?

漢方薬の場合はどうでしょうか。不妊など、あらゆる治療で漢方薬が大活躍しています。医師により治療のために処方された漢方薬は、新薬同様に医療費控除の対象となるようです。

漢方薬でも、たとえば前述と同じように風邪を引いた場合に購入したツムラなどの「葛根湯」は明らかに病気の治療のためのものだと考えられますので、医療費控除の対象と認められる可能性が高いです。

逆に漢方薬で医療費控除の対象と認められないのはどのようなものでしょうか。薬事法で医薬品と認められていないものはもちろんです。その条件は満たしている上で、病状や医師の指示があったかどうかで「治療に必要であるものかどうか」が判断されます。

漢方薬であっても、たとえば健康を促進するため、また病気を予防するためなどの健康効果が目的で購入した場合は、医療費控除の対象にはなりません。不明な点は薬局で薬を購入する際に相談するといいですね。